06// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. //08

オーバータイム 生き抜く術を勉強中

生きていくにはお金が必要。どうやって生き抜くか勉強します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

8.6秒バズーカーについて

今、お笑い界の話題の中心にいる、8.6秒バズーカー。

お笑い界の評価は

「別におもしろくない」
「なぜ売れるのかわからない」

という声が多いように思います。
僕も「別におもしろくない」と思いました。

最初は。

でも、YouTubeの動画をずーっと見ていると、
「全部おもしろくない」というわけではなく、笑っている自分もいました。

プロ目線で見ると、作りこんでいないとか、ただのリズムだけネタでオチもない。
みたいなことなのかな?と思います。

漫才ができる人(作れる人)
フリートークがおもしろい人
コントができる人(作れる人)

これらの人が、今現在のお笑いでおもしろいとされる人なのかな?と思います。
こういったことができるのは、もちろんすごいことだとは思うのですが、
できるから売れているのかは別問題。

お笑いの話からはちょっと脱線して、音楽の話。

歌がうまい歌手が、間違いなく売れるのか?
というと、決してそうではないと思います。

たぶん世に出ることなく引退するしかなかった歌手もたくさんいるのだと思います。

逆に歌があまりうまくなくても、売れてしまった歌手も結構いるような気がします。

少なくとも、いい曲を書ける歌がうまい歌手でも売れないことはあるでしょう。

お笑いの話に戻ります。

お笑いでも、プロ目線でおもしろい人でも、売れない人っているのではないでしょうか?

おもしろいだけでは生き残ることができない、恐ろしい世界ではないかと勝手に想像しています。


で、冒頭の8.6秒バズーカー。
なんかよくわからんけど、売れている。
売れている=すごいなー。

ここからスタートでいいんじゃないかと思います。
お笑いの世界に飛び込んだ二人なので、生存競争に負けてしまうと自然と消えるし、
オリエンタルラジオのようなお笑い人生を送るのかもしれない。
もしかしたら、これからのお笑いパッケージのあり方が変わるようなきっかけになるのかもしれない。
(この線は薄そうやけど)

僕の勝手な予想では、8.6秒バズーカーは生き残るのではないかと思います。

芸歴何年でもあれだけメディアに露出したら、すごいと思います。
スポンサーサイト

category: 雑記

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://fm126.blog24.fc2.com/tb.php/1425-b5b5959d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。