05// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //07

仮想通貨でGO! 生き抜く術を勉強中

生きていくにはお金が必要。どうやって生き抜くか勉強します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

[edit]

trackback: --   comment: --   

page top△

67コールって何?

あんごうつうか練習生_1206です。

67コールの話はあとにします。

今、BTCFXを売りでポジション保有しています。

おそらく今日火曜日~木曜日までにSFD関連の発表があるから。

という読みから。

外すと大ピンチです。

ちなみに今焼かれています。どうなるかな?

当たって落ちるなら、10万円は落ちると思います。

030601.jpg

3月は運良く生き延びています。

何とかがんばっていきたいところです。

030602.jpg

ここから一応タイトルの話です。

テレビを観ていると視聴者プレゼントのコーナーが。

0○○○-○○-○○○○へ電話をしていただくと、

抽選で○名様へ○○をプレゼント。

よくあるプレゼントの企画だと思って観ていたけど、違和感が。

「この通話には50円の料金がかかります」

料金がかかる?

これってこの料金を原資にプレゼントできるんじゃないか?

という疑問が。

調べてみると、業者と回線を使った業者にも利益が残る仕組みのような。

プレゼント企画をしてテレビ局も儲かる。

料金が発生する分、当選確率は高くなるかもしれないけれど、

どうなんだろう。
スポンサーサイト

category: 雑記

[edit]

page top△

昔を振り返る

どうにかトントンまで戻ってきた、あんごうつうか練習生_1206です。

雑記です。

10年前に買った、任天堂Wiiが我が家に帰って来ました。
ゲームを10年以上まともにやってなかったので、オール新作。
さっきまでネット接続できることすら忘れていたのですが、
無線接続できることに気づいてしまい、接続。

バーチャルコンソール?というのを覗いてみると、
キラータイトル満載。
DSC_0265.jpg

我慢できるのだろうか。

category: 雑記

[edit]

page top△

テレビの終焉

72時間ホンネテレビとほぼ同時期に
「みなさんのおかげでした」と「めちゃイケ」の打ち切りのニュース。
時代は前へ進むようです。

前に何が待っているのか、よくわからないけど。

ネットテレビだと広告なんかはビックデータを使って有効に流せる。

既存のテレビなんか吹っ飛んでしまう奥行きがありそう。

ありそうが期待で終わるのか、時代を作ってしまうのか。

72時間ホンネテレビは、昔24時間テレビや27時間テレビを全部観ていたときを
思い出させてくれる雰囲気があった。

昔はよかったなー。って感じになると、お先真っ暗。

どんな未来が待っているのか、とりあえずは楽しみ。


存在を知って、買ったマンガ。
ドラゴンボール世代にはかなりおもしろかったです。

category: 雑記

[edit]

page top△

日曜は衆院選です

台風がすごそうですが、投票はしたいですね。

60歳以上の投票率が60%超え
30歳以下の投票率は30%台がいいところ

投票率が100%になると老人天国の我が国ですが、
現状若者が投票率100%に近づくことができれば、
若者天国になる可能性を秘めている。

そのとき、政治家はどっちを向くのか。
老人が本気を出すのか。

衆院選の情勢はオセロゲームのように白黒が入れ替わりおもしろかったです。

ギャンブル解散だったのが、周りが勝手にこけたため、強烈な追い風が吹いている自民党と公明党。
ギャンブルに勝つ予定で、一気に総理の目もうっすら見えていたはずなのに、もうありえないほど転落した希望の党。
一緒に転落してしまった維新の会。
ビットコインの分裂のように民主が割れただけだと思ったら、本家を食って一気に野党第一党の目が見えてきた立憲民主党。
今回、まったく目立たない共産党。
あとはその他でいいですか?諸派というやつです。

ある程度議席がないと、いくら正しいことを言っていても死票になってしまう。

死票にならないように。と考えすぎると、勝ちすぎの勢力が生まれてしまう。

さぁ、日曜の選挙。
どこへ投票しますか?

category: 雑記

[edit]

page top△

Amazonビジネスアカウントに間違って登録してしまったときの解除方法

Amazonがはじめた、ビジネスアカウントサービス。

請求書払いや、お急ぎ便無料などを年会費をしばらくの間無料で行うらしい。

今までのアカウントをビジネスアカウントに移行することもできるのだが、
会社の経費を明瞭にしたい場合などは、
ビジネスアカウントでは会社に必要なもののみを買いたいところ。

でも、間違って私みたいに
個人アカウント⇒ビジネスアカウント
に移行してしまった場合の対処法を備忘録としておいておきます。

まず、捨てアドレスでもいいし、
本来使うべきメールアドレスでもいいので、
1つメールアドレスを用意する。

そして、そのメールアドレスをビジネスアカウントへ招待する
(ユーザーの追加というところから招待状を送れます)

そして、捨てアドレスでビジネスアカウントの招待を受け、
管理者権限を与える。

そこから個人アカウントに戻したいアカウントを削除すればOK。

規約を読んでみると、
ビジネスアカウントの送料無料は
登録している所在地のみ有効のようなので、
プライム会員のどこでも送料無料よりは
若干効果が弱くなるようです。

自宅と会社の2箇所に無料でお急ぎで送りたい場合などは、
プライム会員の方が良さそうです。

以上、間違ってビジネスアカウントへ移行した場合の戻し方でした。

category: 雑記

[edit]

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。